キッズアカデミー 料金 高い

キッズアカデミーに通うのに必要な年間費用は
税別で約210,000円ほど。
(月謝14,500円×12ヶ月分
+年間教材費36,000円)

総合教育系の幼児教室(ドラキッズとか)と比べるとだいたい+8~9万円くらい高いです。

ただしキッズアカデミーは総合教育系ではなく、知育系幼児教室です。
知能系幼児教室の中だとキッズアカデミーの料金は「普通~ちょい安」くらいです

キッズアカデミーより安い「総合教育系」の幼児教室はこちらの記事で紹介しています

幼児教室 安い

総合教育系と知育系の幼児教室のちがい

総合教育系はまんべんなくいろんな事をまなぶやつ(歌、踊り、読み書きなど)

知育系はそれにくわえて知育玩具によるレッスンをします。より教育の質が高く、頭が良くなる(伸びしろが増える)のが知育系
・・・と個人的には分類してます。

キッズアカデミーが高い理由

総合教育系より高いキッズアカデミー
高いには高いなりの理由があるので、どういう理由で高いかを知って、あとはそれに納得できるか?できないか?が「通うかどうかの判断ポイント」になると思います。

以下、キッズアカデミーが(総合教育系に比べて)高い理由です

立地がいい

最初に思いつくのがこれ。キッズアカデミーのほとんどの教室は駅から徒歩5分以内の場所にあって通いやすさを重視しています。

いい場所にあるので高い家賃を払ってるはず

教室が清潔

教室が清潔なのはあたりまえであってほしいことなんですが、実際はあまり清潔感を感じない幼児教室もあります。

キッズアカデミーは体験に行けばわかりますが教室がとてもキレイで衛生意識が高いです。

掃除にそこまでコストがかかるとは思いませんが、やっぱりある程度の料金を取る幼児教室はどこもキレイなんですよね

先生の採用と教育にコストをかけている

キッズアカデミーの講師の採用合格率は1~2%といわれてます

そんなキッズアカデミーが10人先生を採用したいと思ったら・・?

→まず500人~1000人の講師応募者を集めて、その中から絞り込むことに

それだけの応募者を集めるとなると求人広告を広い地域に出したりといった費用がかかります。厳選した人材を採用するためのコストですね

あとは先生の教育費や給与(他に引き抜かれないくらいには高くする必要がある)などもかかります

少人数でのレッスン

キッズアカデミーはに2~4人の少人数クラスです。
少人数で先生を独占することになるのでそれだけコストが高くなります

少人数制のメリットは、先生の目が一人ひとりに行き届きやすくそれぞれの子に合った対応・レッスンができること
安さよりも教育の質重視の方針といえます

200種類のアクティビティがある

ベビーパークは全部で約200種類のアクティビティがあります。教材が豊富なのでそのぶん教材費のコストがかかります

効果が高い

これはコストの話ではなく需要と供給のバランスの話になりますが、キッズアカデミーに通った子の平均IQが145以上という高い実績があります。

高い実績があるので、総合教育系より値段高を高くしても通ってくれる親子は沢山いる・・・ゆえに値段は高め、とも言えます。

まとめ

キッズアカデミーは各都道府県で広く展開していてるので通ってる人が多いです。

ということはだいたいみんな「レッスン内容」と「料金」を天秤にかけて「通う価値あり」と判断してると言えます。

といっても最終的には体験レッスンにいって自分の目で見て、子供の反応も見て、「ここなら納得!」と思ってから通うのがいいと思います(*゚∀゚)

体験レッスンはここから申し込めます

キッズアカデミー無料体験申し込み

キッズアカデミーはWEB体験申込の時点でレッスン希望曜日が選べます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする