キッズアカデミー 教材

[幼児教材] ブログ村キーワード

キッズアカデミーのレッスン使われる教材は知研(知育研究所)というところの知研BOXという教材を主に使っています。

ちなみに講師の指導の元で使う専門教材なので一般購入は不可です。(メルカリで中古教材を買うという方法もありますけどね。ただキレイに一式揃ってることがほぼないです。あとプロの指導の元で使う教材なので素人が手に入れて意味あるのか?という問題もあります)

以下、教材の詳細です!

ピラミッド
青と赤の四角形が6枚ずつあり、並べたり重ねたりして遊ぶ教材

首輪づくり
紐に色玉を通して遊ぶやつ

動物のカード
牛やゾウなど絵カードを組み合わせて動物を完成させる教材

4色積み木

天気とタマゴ
お天気と鶏の産む卵の数を対応させて並べて遊ぶ教材

動物の絵カード
動物の絵カードを台紙の上に上手に乗せていくもの

知研クロス
片と片を組み合わせてちょうちょ・タンポポなどきれいな絵を完成させる遊び

スラローム
台紙の絵を指示の通りに分け棒でわけていくもの

どんな花火かな
絵カードからその属性のカードを周りに置いていくもの

図形の模写

観覧車
観覧車を回すことによって、それぞれのかごに乗っている動物がどこの位置にくるか考える教材

お話をつくろう
四つの指定された絵を体系的につなげ文章をつくる教材

ミネルバ
ミネルバの片の置き方によって、盤上のマス目がいくつ自分のものになるかを考えるゲーム

何リットルの水かな?
大コップ2つは小コップいくつに匹敵するか。大中小のコップの関係を考える遊び(けっこう高度!)

慣用句かるた
慣用句を絵で表現したカードを、カルタ遊びの要領で集めていくもの


以上、分かる範囲でまとめてみましたが、もちろんコレ以上に種類はあります。

キッズアカデミーの教材の写真は一部ここから見れます


3歳からの知能教育「キッズアカデミー」

リンク先の一番下に「教材の写真」と「教材についての説明」がサクッと載ってますよー(*゚∀゚)

キッズアカデミーに通うメリットのひとつは、

「キッズアカデミーの講師は教材を発展して理解させることができますので、同じ教材でも子どもに発達状態に応じたレッスンを行います。それこそがキッズアカデミーと他の教室との違いと言えると思います。」(キッズアカデミー公式ページより)

という部分。この生徒に応じたきめ細かい対応はキッズアカデミー(とベビーパーク)がかなり力を入れてる点ですね(^_^)

そういえば学校の授業を思い返してみると・・・
同じ学習指導要領に従って授業しているはずなのに・・・先生によって面白くて理解しやすい授業をしてくれる人もいればつまらない授業をする人もいますw

ということで教材も大切だけど、どんな先生がレッスンしてくれるか?もそれ以上に大切です。

キッズアカデミーなどの幼児教室に通う人がたくさんいる理由には「厳選され生き残ったプロの先生がレッスンしてくれるから」というのが大きいでしょうね。

もちろん宣伝文句をうのみにせず、体験レッスンなどに行って「信頼できる先生か?」の最終確認しておくのも大事です(`・ω・´)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする